当職員の新型コロナウイルス感染者の発生について

患者様各位

当院に勤務している職員1名(事務職員)が、新型コロナウイルスPCR検査の結果、陽性であることが確認されました。

当該職員は5月1日(土)の外来業務に従事後、ゴールデンウィーク休暇中に当該職員の家族に陽性者が出ましたが、濃厚接触者とは判断されませんでした。念のため自宅待機をしておりましたが、家庭内感染が拡がり当該職員も濃厚接触者となりました。その後も自宅待機を続けておりましたが、発熱症状が出たため、PCR検査を受けて5月19日(水)に陽性と判定されました。現在も自宅待機を続けており、体調は回復に向かっています。

当該職員が最終出勤してから陽性判定が出るまで2週間以上経過しており、その間は自宅待機していたため、他の職員とは一切接触しておりません。また保健所から当院に連絡はありませんでしたが、直接問い合わせして他の職員は濃厚接触者に該当しないことを確認しております。さらに濃厚接触者に該当しないということでしたが、5月21日(金)に全職員に対して新型コロナウイルス抗原検査を行い、陰性であることを確認いたしました。

患者様にはご不安な思いをさせてしまい申し訳ございません。当院では、これまで患者様の安全を確保し、安心してご来院いただけるよう院内感染対策を行ってまいりましたが、その見直しを行い、これまで以上に徹底してまいりますので、引き続き感染対策にご理解とご協力の上、ご来院いただけますと幸いです。