色素性母斑(ホクロ)
ホクロはメラニン色素を産生し、褐色~黒色調の斑(茶アザ)または隆起した丘疹や結節としてみられます。乳幼児期~成人期に出現し、様々な大きさや種類があります。
当院では、悪性黒色腫や皮膚基底細胞ガンなどの悪性腫瘍との鑑別を行い、希望に応じて手術(保険)や炭酸ガスレーザーによるレーザー治療(自費)を行います。ホクロの大きさや部位によって、できるだけ傷あとが目立たないような治療方法をご提案いたします。

アザ
出生時から幼児期に発症するアザとして、単純性血管腫(赤色)、扁平母斑(茶色)、蒙古斑(青色)があり、思春期から中年期に発症するアザとして、太田母斑(淡青褐色)、後天性真皮メラノサイトーシス(灰褐色)などがあります。
当院では、QスイッチYAGレーザーによる異所性蒙古斑と太田母斑のレーザー治療(自費)を行っています。