伝染性膿痂疹(とびひ)
夏季に小児が虫刺されや、かき傷などから水疱やジクジクしたびらん、かさぶたをつくる表在性の皮膚の細菌感染症です。黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が傷口に感染して起こります。
当院では、抗生剤や抗アレルギーの内服薬と外用薬で治療を行っています。