老人性色素斑(シミ)
長年にわたる紫外線曝露により中年以降の男女に加齢とともにふえていく褐色のシミです。老人性イボとの合併もよくみられます。
当院では、デルマトスコープによる悪性腫瘍との鑑別を行った後、QスイッチYAGレーザーや炭酸ガスレーザーによるレーザー治療(自費)を行っています。

尋常性白斑(白なまず)
皮膚の基底層にある色素細胞が消失し、境界が明瞭な脱色素斑を生じる疾患です。病変の分布から神経分節に沿う分節型と、身体の様々な部位に多発する非分節型に分けられます。
当院では、ステロイドやタクロリムスの外用薬で治療していますが、色素の回復は難しいため日常生活では遮光を勧めています。※ナローバンドUVBなどの光線療法は行っていません。

 
PAGE TOP