アトピー性皮膚炎
かゆみを伴う特徴的な湿疹がくり返し、慢性的に経過する疾患です。皮膚の乾燥とバリア機能の低下にアレルギー素因も関連しています。
当院では、ステロイドや免疫抑制剤、保湿剤などの外用薬と、抗アレルギー剤や整腸剤、漢方薬などの内服薬で治療を行っています。

接触皮膚炎(かぶれ)
原因物質が接触した皮膚に一致して赤みや水疱、腫れ、かゆみなどが生じます。ウルシや金属、湿布などによるアレルギー性のものと誰にでも起こる刺激性のものがあります。
当院では、ステロイドの外用薬と内服薬、抗アレルギー剤などで治療を行っています。※金属アレルギーのパッチテストは現在行っていません。

脂漏性皮膚炎(フケ)
頭部、顔面、胸部などの脂漏部位にかさかさしたフケを伴った紅斑を発症します。乳児期と中高年以降の2つのピークがあります。病因にはマラセチア(好脂菌)による炎症のほか、気温・湿度などの環境因子、過労やストレスなどがあります。
当院では、ステロイドや抗真菌剤の外用薬で治療を行っています。

PAGE TOP