帯状疱疹(たいじょうほうしん)

子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルスが体の神経節に潜んでいて病気や過労などで体力が低下しているときに隠れていたウイルスが再び活性化することで生じます。
初期症状として、体の神経に沿って左右どちらかにチクチクとした痛みが起こります。
治療として、ウイルスの働きを抑える飲み薬や塗り薬、痛み止めの飲み薬を処方しています。