掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

手のひらや足の裏に膿(うみ)が左右対称に繰り返しでき、同時に赤い斑点やふけのようなものが現れる皮膚の病気です。
治療として、ステロイドの塗り薬を処方しています。
原因として、風邪や扁桃炎が関係していることがあるため、風邪を引かないように注意をしてください。
また、金属アレルギーが関係している場合もあるため、歯科金属を取り除くことも治療方法として考えられます。