水虫

水虫は、真菌(カビ)の一種である白癬菌(はくせんきん)が表皮の中の角層に寄生して生じます。
指の間がジュクジュクして皮がめくれるのが主な特徴です。
治療として、顕微鏡で検査をして白癬菌を確認した上で、真菌の働きを抑える塗り薬や飲み薬を処方しています。
また、当院では足水虫の人には角質を削って薬の浸透を良くするためのフットケアを自費にて行っています。

フットケアの料金はこちら