乾癬(かんせん)

皮膚が炎症を起こして赤く盛り上がり、表面に銀白色のふけのようなものができて、それがポロポロとはがれ落ちる皮膚の病気です。
乾癬にはいくつか種類がありますが、乾癬の患者様の約90%は尋常性(じんじょうせい)乾癬(かんせん)で、頭や肘、膝など、こすれやすい場所や刺激を受けやすい場所に症状が見られます。
治療として、ビタミンD3やステロイドの塗り薬を処方しています。