日焼け

長時間、紫外線を浴び続けると皮膚の細胞がダメージを受けて炎症を起こし、赤くなって水ぶくれを生じることがあります。

症状は24時間後をピークに落ち着き、数日後には皮膚がポロポロとはがれ落ちて色が濃くなることがあります。

治療として、ステロイドの塗り薬を処方しています。

予防としては毎日、日焼け止めを「塗る」ことが大切ですが、当院では「飲む」日焼け止めもご用意しております。

即効性のあるものと継続して服用していただくものの2種類を取り扱っていますので是非、下記もご覧ください。

飲む日焼け止めについてはこちら