ふけ(脂漏性皮膚炎:しろうせいひふえん)

頭皮や顔のTゾーン、わきの下など皮脂の分泌が多い場所によくみられ、分泌した皮脂が紫外線や皮膚に存在している真菌(カビ)によって分解されて炎症を引き起こします。

治療として、皮膚の炎症を抑えるステロイドの塗り薬または真菌(カビ)の働きを抑える塗り薬を処方しています。

かゆみが強い場合はかゆみを抑える抗ヒスタミンの飲み薬も処方しています。